-The manga, anime, movies, and musical are all great, and they all have their own special way of telling the story, but is there something special that was made possible because this is a musical version?
−漫画、アニメ、映画、ミュージカル、それぞれの良さがあるし、見せ方も違ってくると思うのですが、ミュージカルならではといった部分はありますか?

Y : L (the detective that holds the key to the story) and Light’s battle is portrayed in the original work, but I think their characters stand out more in the musical. There are songs influenced by their characters and their personalities are emphasized.
唯月:原作同様、L(物語の中で鍵を握る探偵)とライトの頭脳戦が描かれているんですけど、ミュージカルでは、二人の個性がより際立っているんじゃないかな、って思います。それぞれのキャラクターをモチーフにした歌があったりして、キャラクターの色が濃く描かれていると思います。

-I see. It seems like there will be people who have never seen DEATH NOTE who will enjoy the musical. What do you think will be the highlight of the musical, Maeshima-san?
−なるほど。これまでデスノートを一切見たことがなく、今回初めてデスノートを見る人も、楽しめるかもしれませんね。前島さんは今回のミュージカルの魅力をどのように感じていますか?

M : It’s not a new thing to create a stage play from an anime these days, so I think there are a lot of people interested in a national title, DEATH NOTE becoming a musical, wondering how it’s going to be played out. I couldn’t even imagine what it would be like when I got the role, like what kind of script and music. When I received the script and music, it was so great that I naturally absorbed it all. I think everyone who comes and watches the musical will be satisfied with how it turned out. It really is a piece of work that took the charm of the original DEATH NOTE and made it into a musical, and I hope many will come to see it.
前島:最近、アニメの作品が舞台になることは珍しくないですが、その中でもデスノートという国民的な作品がミュージカルになるということで、注目している方も多いと思うんです。ミュージカルではどのように描かれるんだろう、って。私も出演が決まったときから想像がつかなくて、どんな台本でどんな歌になるのか、ずっと気になっていました。でも、いざ台本と歌を頂いたときには、凄すぎて、自然に体に入ってきました。きっと、劇場に足を運んでくださった方々が、これがデスノートのミュージカルだ、って納得できる作品だと思います。本当に、デスノートの魅力そのままのミュージカルになっていると思うので、ぜひ、多くの方に観て頂きたいです。

-With the soundtrack, songs, and stage, it seems like a great way to showcase the world of DEATH NOTE through the acting. Just by listening to the both of you, I feel like people new to DEATH NOTE will really enjoy it.
−音楽、歌、舞台セットがあって、生でお芝居をするミュージカルは、デスノートの世界観が伝わりやすいかもしれないですね。お二人のお話を聞いて、初めての人でも楽しめる気がしています。

-As Maeshima-san said earlier, DEATH NOTE is a national title. Was there anything difficult or anything you had to be careful around because it is such a famous series?
−前島さんが「デスノートは国民的作品」と言うように、非常に有名な作品ですが、だからこそ大変だったこととか、気を付けている点はありますか?

Y : Misa is a one of the first names to pop up when thinking about DEATH NOTE. Her popular nickname, Misa Misa, is also famous. When I first landed the role, I was worried. I was hoping I could be the Misa that everyone imagines, but I think everyone has their own image of Misa. I’m still going through a lot of trial and error during practice. I’m watching the anime & manga and checking the details of the script so I can make the audience think “It’s almost as if Misa came to life!” Misa is an idol, so I hope I can make idol-like gestures.
唯月:ミサはデスノートの中でも真っ先に名前が挙がるような役で、「みさみさ」っていう愛称も有名です。初めて出演の話を頂いたときは、不安でした。皆さんの思い描いているミサになれたらいいな、って思っていたんですけど、ミサに対するイメージって、人によって違う部分があると思うんですよね。私自身、いろいろ試行錯誤しながら稽古をしている最中です。観に来てくれた方に「まるで原作からミサが出て来たみたい!」と思ってもらえるように、漫画やアニメ版デスノートを見て、台本の細かい所をチェックして役作りの参考にしています。ミサはアイドルなので、仕草もアイドルらしくできたらいいな、と思っています。

-What exactly are idol-like gestures?
−アイドルらしい仕草というと?

Y : …… Like jumping around? (laughs) I would like to be taught by an idol.
唯月:……飛び跳ねたりとか?(笑) 本当のアイドルの方に教わりたいです。

death-note-interview-ami-fuuka-04

-What about your co-star, Maeshima-san?
−共演者であり、現役アイドルでもある前島さんから教えてもらってはいかがでしょう?

Y: With best regards! (laughs) Maeshima-san and I are the same age, like the same things, and there are many things we have in common, so I’ve been hoping we can be friends. I’ve been working with people whose ages are a far from mine and this is the first time I’m working with someone my age so I’m really excited! (laughs) We end up talking about things that have nothing to do with the musical, but I often hope that we can continue to work on this musical together like this.
唯月:是非宜しくお願いします!(笑) 前島さんとは同年代で、好きなものが同じだったりとか、共通点も多くて、仲良くなりたいな、ってずっと思っていました。今までは年の離れた方との共演が多くて、同年代の子とお芝居をやるっていうのが初めてだったので、本当に嬉しいんですよ!(笑)だから、お芝居とは全然関係ない話ばかりしてたんですけど…こうやって一緒にミュージカルを作り上げていけたらいいな、って思います。

death-note-interview-ami-fuuka-03
-Maeshima-san, is there anything you’re being careful about as the role of Sayu Yagami?
−前島さんは、夜神粧裕(ヤガミサユ)という役を演じる上で、どんなことを大事にしていますか?

M : I think this is a great opportunity for me since my first time performing in a musical is this amazing one and I get to perform in Nissay Theatre. I’m really grateful for this chance. Sayu Yagami is the lead character’s younger sister. Light has a slight split personality: a distorted sense of justice and a model student that he portrays to his family. To accentuate Light’s model student side, I need to portray Sayu as the younger sister who respects her older brother.
前島:私にとって初めてとなるミュージカル出演が、こんなに素晴らしい作品で、また日生劇場という場所で行えることは、とても大きなチャンスだと思っています。本当に感謝しています。ヤガミサユという役は、主人公・ヤガミライトの妹なんです。ライトには二重人格な部分があって、デスノートを使うときに見せる歪んだ正義感と家族に見せる優等生の一面。その優等生の部分を際立たせるために、お兄ちゃんが大好きで尊敬している妹っていうのを全面に出していけたらなって思っています。

-The musical is confirmed to show in Korea during the summer of 2016 and we are hoping for other overseas performances after that. Do you have a message for overseas DEATH NOTE fans and people who come to see the musical?
−2016年の夏には、韓国公演も決まっていますよね。韓国を皮切りに、さらなる海外公演も期待される『DEATH NOTE THE MUSICAL』。海外のデスノートのファン、そして日本にミュージカルを観に来たいと思っている方々にメッセージをお願いします。

Y : The dialog will be in Japanese, but even if you don’t understand Japanese, I think everyone will experience the same atmosphere no matter where you’re from. Like tension, or the pop atmosphere during Misa’s song. The musical has a lot of those elements, so I hope we can all become one with this musical.
唯月:台詞はもちろん日本語なので、意味は分からないかもしれないですが、その場の空気感って言うのはどこの国でも通じるんじゃないかな、と思います。緊迫している空気だったり…例えばミサの歌だったら、ポップだなって思ってもらえるような空気だったり…。そういった要素がこのミュージカルにはいっぱい詰まっているので、その空気を感じて、共感して頂けたらいいな、って思います。

death-note-interview-ami-fuuka-13

M : I have performed overseas with my idol group SUPER☆GiRLS. We performed in Hong Kong, Taiwan, and Singapore, and some fans sent me comments on Twitter. When I got the role for DEATH NOTE, I received a lot of comments from fans congratulating me, but I also received comments from overseas fans asking if I was talking about “that DEATH NOTE” and I truly felt the influence of DEATH NOTE overseas. I would love for overseas fans to come and see the musical! In Korea, the musical will be performed by a Korean cast, but I would love to go and see it.
前島:私の所属するアイドルグループSUPER☆GiRLSで、海外公演をやらせて頂いたことがあります。香港、台湾、シンガポールでライブを行いましたが、そのときに出会ったファンがTwitterでコメントをくれることがあります。デスノートへの出演が決まったときには、多くの方に「すごいねー!」っていうコメントを頂いたんですけど、海外のファンの皆さんからも「あのデスノート!?」っていう反響がありました。やっぱり海外にもデスノートのファンが沢山いらっしゃるんだな、って感じました。ぜひ、海外からも観に来て頂きたいです。韓国版では、韓国のキャストさんがやることになるのですが、私もお客さんとして観に行きたいな、と思います。

If you are interested in watching DEATH NOTE THE MUSICAL, you can purchase tickets via website below!  It’s in English so easy to order than usual Japanese ticket order website!
DEATH NOTE THE MUSICALを観たいという方は、ぜひ下記のウェブサイトからチケット予約を! 英語で書かれているので、日本語がわからないと難しい一般のチケット予約サービスよりも、簡単で便利ですよ。

coupon

Schedule
■Tokyo Performances
April 6 (Mon) – April 29 (Wed) 2015
Nissay Theatre

■Osaka Performances
May 15 (Fri) – May 17 (Sun) 2015
Umeda Arts Theater

■Nagoya Performances
May 23 (Sat) – May 24 (Sun) 2015
Aichi Prefectural Arts Theater

■東京公演
2015年4月6日(月)~4月29日(水・祝)
日生劇場

■大阪公演
2015年5月15日(金)~17日(日)
梅田芸術劇場メインホール

■名古屋公演
2015年5月23日(土)~24日(日)
愛知芸術劇場 大ホール

DEATH NOTE Official site : http://deathnotethemusical.com/sp/eng/

Translated by Cheryl Coyle

Author
Ayaya
Ayaya

Been working in girls’ fashion magazines for a long time and am now the chief editor of Tokyo Girls’ Update. I have more expertise in Japanese teen fashion than anyone else (probably)! I’m a huge fan of the Revolutionary Girl Utena and Bakemonogatari animes.

Sponsored links
comments powered by Disqus